健康・医療
予防接種

予防接種は、感染症が流行するのを防いだり、病気にかからないように、あるいは、かかっても重くならないようにするためのものです。
お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、成長とともにほとんどが自然に失われてしまいます。また、子どもは発育とともに外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。そのため、子ども自身で免疫をつくって病気を予防する必要があり、その助けとなるのが予防接種です。
子どもの体質はそれぞれ違うため、程度に差がありますが、副反応が生じる場合があります。
事前に、市が配布しています「予防接種と子どもの健康」をよく読み、予防接種について正しく理解したうえで、お子さんの体調の良い時を選んで予防接種を受けることが大切です。

接種方法

  • 定期予防接種は定められた接種期間であれば、無料で接種できます。
  • 宇佐市では、全種類の予防接種が医療機関での個別接種となります。
    接種を希望される場合、事前に接種医療機関に電話予約が必要です(医療機関によって接種できる予防接種が異なります)
  • 予防接種を受ける際は、母子健康手帳と予診票をご持参のうえ、保護者同伴で受けてください。
    ただし、13歳以上の方については、あらかじめ接種することの保護者の同意を予診票の裏面に記載されている同意書にて確認できる場合は、保護者の同伴は必要ありません。
    保護者以外の方が接種に同伴する場合は、予診票の裏面に記載されている保護者の委任状への記入が必要になります。

その他の予防接種情報

  1. 長期にわたる疾患等のために定期接種を受けられなかった方については、定められた接種期間を超えて接種できる場合があります。
  2. 県外の医療機関で接種を希望する場合は、窓口で接種料金を一旦お支払いいただきますが、後日市に申請していただくことで、市が定める接種費用を上限として保護者あてに接種費用をお返しできます。

※ただし、1、2ともに予防接種を行う前に市への申請が必要になります(事前に申請がない場合は、接種料金は有料になります)。必ず事前にお問い合わせください。

≪平成28年10月1日現在の予防接種法に基づく予防接種≫

B型肝炎

対象年齢等 平成28年4月1日以降に生まれた0歳児で、1歳の誕生日の前日までに3回接種
《標準的な接種期間》生後2月~生後9月に至るまでの間
27日以上の間隔をおいて2回、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回接種
※母子感染予防として出生後にB型肝炎ワクチンを接種したことがある方や任意接種ですでに3回接種した方は対象外です。
リンク

接種実施医療機関

ヒブワクチン

◆対象者(接種期間)…生後2か月から5歳の誕生日の前日までの間にある者
◆接種開始期間(月齢)により以下のとおり接種回数が異なります

定期予防接種の接種間隔・接種回数
接種開始時期/接種回数 生後2か月から生後6か月の間に接種開始した場合
(標準的な接種開始時期)
初回
(3回)
(標準的な接種間隔-回数)
27日(医師が必要と認めるときは20日)以上56日までの間隔をおいて3回接種
1歳の誕生日の前日までの間に27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて3回接種
*2回目及び3回目の接種は1歳の誕生日の前日までの間に行うこととし、それを超えた場合は接種を行わない(追加接種は可能)
追加 (標準的な接種間隔-回数)
初回接種終了後、7ヵ月以上13ヵ月までの間隔をおいて1回接種
初回接種終了後、7ヵ月以上の間隔をおいて1回接種
*1歳の誕生日の前日までの間に3回の初回接種を完了せずに1歳以降に追加接種を行う場合は、初回接種終了後27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて1回接種
生後7ヵ月から1歳の誕生日の前日までの間に接種開始した場合 初回
(2回)
(標準的な接種間隔-回数)
27日(医師が必要と認めるときは20日)以上56日までの間隔をおいて2回接種
1歳の誕生日の前日までの間に27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて2回接種
*2回目の接種は1歳の誕生日の前日までの間に行うこととし、それを超えた場合は接種を行わない(追加接種は可能)
追加 (標準的な接種間隔-回数)
初回接種終了後、7ヵ月以上13ヵ月までの間隔をおいて1回接種
初回接種終了後、7ヵ月以上の間隔をおいて1回接種
*1歳の誕生日の前日までの間に2回の初回接種を完了せずに1歳以降に追加接種を行う場合は、初回接種終了後27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔をおいて1回接種
1歳から5歳の誕生日の前日までの間に接種開始した場合…1回接種
リンク

接種実施医療機関

小児用肺炎球菌ワクチン

◆対象者(接種期間)…生後2か月から5歳の誕生日の前日までの間にある者
◆接種開始期間(月齢)により以下のとおり接種回数が異なります

定期予防接種の接種間隔・接種回数
接種開始時期/接種回数 生後2か月から生後6か月の間に接種開始した場合
(標準的な接種開始時期)
初回
(3回)
(標準的な接種時期、接種間隔-回数)
1歳までに27日以上の間隔をおいて3回接種
2歳の誕生日の前日までの間に27日以上の間隔をおいて3回接種
*1歳以降に2回目の接種を行った場合、3回目の接種は行わない(追加接種は可能) *2回目及び3回目の接種は2歳の誕生日の前日までの間に行うこととし、それを超えた場合は接種を行わない(追加接種は可能)
追加 (標準的な接種時期、接種間隔-回数)
初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて1歳から1歳3か月の間に1回接種
初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて1歳の誕生日の前日以降に1回接種
生後7ヵ月から1歳の誕生日の前日までの間に接種開始した場合 初回
(2回)
(標準的な接種時期、接種間隔-回数)
1歳までに27日以上の間隔をおいて2回接種
2歳の誕生日の前日までの間に27日以上の間隔をおいて2回接種
2回目の接種は2歳の誕生日の前日までに行うこととし、それを超えた場合は接種を行わない(追加接種は可能)
追加 初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて1歳の誕生日の前日以降に1回接種
1歳から2歳の誕生日の前日までの間に接種開始した場合…60日以上の間隔をおいて、2回接種
2歳から5歳の誕生日の前日までの間に接種開始した場合…1回接種
リンク

接種実施医療機関

4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)

対象年齢等 1期初回 生後3か月~7歳5か月20日以上(標準的には20日~56日)の間隔をおいて3回接種
≪標準的な接種期間≫生後3か月~12か月
1期追加 1期初回接種3回終了後、6か月以上の間隔をおいて1回接種
≪標準的な接種期間≫1期初回3回終了後12か月~18か月
リンク

接種実施医療機関

不活化ポリオ

対象年齢等 1期初回 生後3か月~7歳6か月の前日まで
20日以上(標準的には20日~56日)の間隔をおいて3回接種
≪標準的な接種期間≫生後3か月~12か月
1期追加 1期初回接種3回終了後、6か月以上の間隔をおいて1回接種
≪標準的な接種期間≫1期初回3回終了後12か月~18か月
リンク

接種実施医療機関

※平成24年9月1日より前に経口生ポリオワクチンを1回接種した方については、不活化ポリオワクチンの初回接種を1回受けたものとみなされます。なお、すでに経口生ポリオワクチンを2回接種した方は、不活化ポリオワクチンの接種を受ける必要はありません。

BCG

対象年齢等 1歳になる前日までに1回接種
≪標準的な接種機関≫生後5か月~生後8か月
リンク

接種実施医療機関

麻しん(はしか)・風しん

対象年齢等 1期 1歳~1歳11か月(1回接種)
※1歳になったらなるべく早く接種しましょう
2期 小学校入学前の1年間(1回接種)
※接種期間は4/1から翌年3/31までの間
リンク

接種実施医療機関

水痘(みずぼうそう)

対象年齢等 1歳~2歳11か月までに2回接種
1回目 《標準的な接種期間》1歳~1歳3か月までに接種
2回目 1回目の接種から2回目の接種まで3か月以上の間隔を置く
《標準的な接種期間》1回目の接種終了後、6か月~1年の間隔を置いて接種
リンク

接種実施医療機関

日本脳炎

対象年齢等 1期初回 生後6か月~7歳5か月の間に6日以上(標準的には6日~28日)の間隔をおいて2回接種
≪標準的な接種期間≫3歳
1期追加 1期初回接種後6か月以上(標準的には概ね1年)の間隔をおいて1回接種
≪標準的な接種期間≫4歳
2期 9歳~12歳(1回接種)
≪標準的な接種期間≫9歳

日本脳炎特例対象者

平成17年度から平成21年度にかけての日本脳炎定期予防接種積極的勧奨の差し控えにより、日本脳炎の予防接種を受ける機会を逸した方は、下記の期間、対象年齢、接種間隔で定期予防接種として受けていただけます。

平成10年4月2日~平成19年4月1日生まれの者の1期・2期接種

1期・2期接種(計4回)のうち不足している回数について、20歳未満の間に接種が可能です。

対象者(接種期間) 接種間隔・接種回数
20歳未満の者 H23/5/20までに日本脳炎ワクチンを1回以上接種している者 1期・2期接種(計4回)のうち不足している回数について、6日以上の間隔をおいて接種
(ただし、2期相当分(4回目)については9歳以上)
H23/5/20までに日本脳炎ワクチンを1回も接種していない者 1期初回 6日以上の間隔をおいて2回接種
1期追加 1期初回2回目終了後、6か月以上の間隔をおいて1回接種
2期 9歳以上で1期追加終了後、6日以上の間隔をおいて1回接種
平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの者の1期接種

7歳6か月の誕生日の前日までの間に1期接種(計3回)が終了しなかった場合、残りの回数については9歳以上13歳未満の間に接種が可能です。

対象者(接種期間) 接種間隔・接種回数
9歳以上13歳未満の者 H22/3/31までに日本脳炎ワクチンを1回以上接種している者 1期接種(計3回)のうち不足している回数について、6日以上の間隔をおいて接種
H22/3/31までに日本脳炎ワクチンを1回も接種していない者 1期初回 6日以上の間隔をおいて2回接種
1期追加 1期初回2回目終了後、6月以上の間隔をおいて1回接種

*7歳6か月の誕生日から9歳未満の間は接種不可
*2期接種は9歳以上13歳未満の間で1期追加終了後、6日以上の間隔をおいて1回接種

リンク

接種実施医療機関

2種混合(ジフテリア・破傷風)

対象年齢等 11歳~12歳(1回接種)
≪標準的な接種期間≫11歳
リンク

接種実施医療機関

ヒトパピローマウィルス感染症(いわゆる子宮頸がん予防ワクチン)

対象年齢等 小学6年生~高校1年生相当の年齢の女子
≪標準的な接種期間≫中学1年生相当の年齢の女子
1回目の接種から1又は2か月後に2回目、1回目の接種から6か月後に3回目の計3回接種
※ワクチンの種類により2回目の接種間隔が異なります

※現在、積極的勧奨は行っていません

リンク

接種実施医療機関

子宮頸がん予防ワクチンの接種について

~現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません~

 平成25年6月14日に開催された第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会等において、子宮頸がん予防ワクチンの副反応について専門家により分析・評価が行われました。
 この結果、子宮頸がん予防ワクチンの接種については、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種の中止ではなく、継続するものの、積極的な接種の勧奨を差し控えることとなりました。

≪予防接種を受ける場合≫

 接種を希望する方については、定期接種としての接種が可能であり、万が一健康被害が生じた場合には予防接種法に基づく健康被害救済制度の対象となります。
 今後も接種を希望する方は、従来どおり予防接種の効果や目的、重篤な副反応などについて理解をしていただき、併せて、「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」を読んでいただいた上、保護者の同意のもとで接種をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ
子育て支援課母子保健係

879-0492
大分県宇佐市大字上田1030番地の1
別館

  • 電話番号0978-27-8145
  • FAX番号0978-32-1766
子育て情報一覧へ戻る
このページの先頭へ