新着情報

更新日2019年09月30日(月)

令和元年度インフルエンザ予防接種の一部費用助成がはじまります

【助成対象の接種期間】  
 令和元年10月1日から令和2年1月31日まで
 
【対象者】  
 接種日時点で宇佐市に住民票のある生後6か月~15歳(中学3年生)
 
【接種費用】 
 1回の接種につき自己負担額1000円(生活保護世帯の方は無料)
  ※子育てほっとクーポンをお持ちの方は、自己負担額をクーポンで支払うことができます
   クーポンは交付対象児のきょうだい児(小学生まで)にも利用できます

   
【助成回数】 
 ① 13歳~15歳(中学3年生)の方:1回
 生後6か月~13歳未満の方 :2回(
※令和元年度から助成回数が2回に増えました!) 


【助成の受け方】
 ①接種を希望する医療機関に必ず予約の電話を入れ受診する
   ※接種する医療機関へ必ず母子健康手帳をお持ちください
 ②医療機関の窓口にて、自己負担額の1000円を支払う 


 ※生活保護世帯の方は、事前に市役所福祉課にて発行する「生活保護受給証明書」を準備し、
   接種を希望する医療機関へお持ちください


【市内接種医療機関】



【宇佐市内の医療機関でクーポンが使用できなかった場合】
 予防接種を受けた日から1年以内に、子育て支援課母子保健係の窓口で請求手続きをしてください。
 後日口座振込でお支払いします
  
 《請求手続きに必要なもの》
  ①子育てほっとクーポン(切り取らずお持ちください)
  ②医療機関発行の領収書(接種者名・接種日・接種ワクチン・支払金額が明記されているもの)
  ③母子健康手帳
  ④保護者の方の金融機関の口座番号等がわかるもの(通帳・キャッシュカード等)
  ⑤印鑑(シャチハタ不可)  
 
 
【宇佐市外の医療機関で予防接種を受けた場合】

 接種料金を一旦全額支払っていただき、接種日から1年以内に子育て支援課母子保健係の窓口で
 請求手続きをしてください。後日口座振込でお支払いします
 
  ※市からの助成額には上限があります。上限を超えた額は自己負担となります。自己負担額を
   クーポンで支払いも可能です(クーポンは500円単位での支払いですので、端数は自己負担になります)
 
 《請求手続きに必要なもの》

  ①予診票の写し(医師の署名済みのもの)
  ②医療機関発行の領収書(接種者名・接種日・接種ワクチン・支払金額が明記されているもの)
  ③母子健康手帳
  ④保護者の方の金融機関の口座番号等がわかるもの(通帳・キャッシュカード等)
  ⑤印鑑(シャチハタ不可)
  ⑥子育てほっとクーポン(切り取らずお持ちください)※お持ちの方のみ

新着情報一覧へ戻る
このページの先頭へ