新着情報

更新日2018年10月18日(木)

元気のでる子育て教室を開催しました

 宇佐市では、子育てについて学習する場として「元気のでる子育て教室~乳幼児の事故予防と救急法~」を開催しています。
乳幼児期に起こりがちな事故とその予防法や対処法について実技を交えた学習会です。
今年度の第2回目を10月18日(木)にさんさん館で行いましたのでその様子をご紹介します。

 宇佐消防署の救急救命士さんが、身近に起こりがちな事故の具体的な事例紹介(寝返りをしてベッドから落ちた、おもちゃを飲み込んでしまった、頭を打ってしまった、お風呂場でおぼれた等)や、予防方法について説明してくれました。乳幼児が誤飲してしまう危険がある大きさは、手でOKマークを作った時の親指と人差し指で作る輪の大きさだそうです!

 いざ、事故が起こってしまって、子どもさんの意識がない、呼吸がないときには!?
119番通報をしてAEDを準備して、心臓マッサージ・人工呼吸を行います。

 グループに分かれて、赤ちゃんと子どもの人形を相手に、心配蘇生法をみなさんに体験していただきました。
呼吸の確認の仕方や、圧迫する場所の目安、「もう少し早く」「もう少し強く」などのアドバイスももらいました。
救急救命士の方や女性消防団の方が質問にも丁寧に答えてくれました。

 事故は、身近な思わぬところで起こりがちです。子どもは日々成長し、行動範囲も広がっていきます。起こらないように予防策をとることや、子どもから目を離さないことは大切ですが、思いがけずに起こってしまったら。
対処方法を知っておき、体験しておくと、いざというときに落ち着いて対処できるのではないでしょうか。
 
次回は、平成31年3月19日(火)さんさん館で開催予定です。実技の時には託児もしています。ご家族やお友達とぜひご参加ください。

新着情報一覧へ戻る
このページの先頭へ