新着情報

更新日2018年09月27日(木)

子どものインフルエンザ予防接種費用を助成します

 A型またはB型インフルエンザウイルスの感染を受けてから1~3日間ほどの潜伏期間の後に、発熱(通常38℃以上の高熱)、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが突然あらわれ、咳、鼻水などの上気道症状がこれに続き、約1週間の経過で軽快するのが典型的なインフルエンザです。いわゆる「かぜ」に比べて全身症状が強いです。小児では中耳炎の合併、熱性けいれんや気管支ぜんそくの誘発、まれではありますが急性脳症などの重症な合併症があらわれることもあります。
 インフルエンザの流行は、1月上旬から3月上旬が中心です。予防接種は10月から12月中旬までの間に行うことが望ましいといわれています。接種費用を1回のみ助成しますので、ぜひお子さんの接種をご検討ください。

◎助成期間:平成30年10月1日~平成31年1月31日
      ※期間外の接種は費用助成の対象になりません

◎助成回数:1人につき1回のみ(年度において2回目の接種を行う場合は全額自己負担になります)

◎接種費用:自己負担額 1,000円

◎助成対象者:生後6月~中学3年生に相当する方

《注意》
・宇佐市外の医療機関で接種した場合、償還払いにて費用の助成が受けられます(上限3,140円)。
・「おおいた子育てほっとクーポン」で接種費用を支払うことができます。クーポンは交付対象児のきょうだいも利用できますが、小学生以下のきょうだいに限ります「ほっとクーポンプラス」は有効期限がきれていますので、利用できません。注意ください。

ダウンロード

リンク

新着情報一覧へ戻る
このページの先頭へ