ブログ

大人も子どもも要注意!夏に流行る感染症

みなさん、暑い日々が続いていますが、元気に過ごせていますか?
夏は、厳しい暑さから食欲不振になったり、生活習慣が乱れやすく夜更かしが続いたりして何かと体調を崩しやすい時期です。
そこで、夏に流行る感染症と、家庭で気を付けるポイントを確認しましょう。

夏のウイルスによる感染症の発症時期は5月~8月といわれ、主な症状は胃腸が不調になること。免疫力が低下するため長引くことも多いようです。

《夏に流行る感染症》
① 手足口病
  宇佐市内でも5~7月上旬頃まで流行。1~3歳は特に多い。
  手足の水疱と口内炎ができる。初日~2日目に熱が出るがそれ以降は出ず、5日ほどで
  回復。経口摂取ができなくなった結果、脱水症に陥り髄膜炎を引き起こすことが
  ある。

② ヘルパンギーナ
  1~3歳に特に多い。高熱が長く続き、のどの奥に口内炎ができる特徴がある。

③ 伝染性紅斑(リンゴ病)
  咳、鼻汁、微熱など軽い風邪の症状がでる。その後、赤い発疹が頬のあたりに出て
  手足にまで広がる。

★プールで感染しやすい病気
④ 咽頭結膜熱(プール熱)
  高熱を伴い、のどと目の両方に炎症が起こる。重症化する可能性が大きい病気。
  治った後もウイルスが咽頭や便からうつることが多い。

⑤ 流行性結膜炎
  目やにが出て、結膜が充血する。感染力が強く、乳児がかかると風邪の症状(発熱・
  リンパ節の腫れ)を伴うことが多い。

家庭で気を付ける4つのポイント》 毎日の心がけが大事!!
1.外出先から帰った時・食事の前・トイレの後の手洗いを習慣にする。手首まで洗う。
  外出後はうがいも忘れずに!


2.栄養バランスがとれた食事で身体の免疫力を高める。特に粘膜の材料となるタンパク
  質(魚・肉・卵・豆腐など)や腸を元気にする乳酸菌や食物繊維をしっかり食べる。

3.水泳の前後には必ずシャワーを浴び、水泳中はゴーグルの使用を。
  タオルの共用は避ける。

4.症状がなくなっても、1か月間は体内にウイルスが残っているので、排泄物は要注意



感染症にかからないように十分気を付けて、楽しい夏を元気に過ごしましょう。



 

このページの先頭へ