ブログ

「だ液の力でむし歯予防」

6月は歯と口の健康週間です。歯と口を健康にすることで、

病気をよせつけない元気な体づくりにつながります。

今回は「だ液の力」に注目したむし歯予防をご紹介します!

 

【 だ液の力と歯の関係 】

 ・生まれてすぐの歯は完成途中です。完成までの1年半~

  2年の間に、だ液中のミネラルを取り込みながら完成して

  いきます。

 ・飲食をすると口の中が酸性になり歯の表面が溶け出して

  しまいます。歯から溶け出したミネラル成分は、だ液によ

  って歯に戻され修復されます。

  だ液は初期のむし歯を修復する力ももっています。

 ・たっぷりのだ液は口の中をきれいにしてくれます。

 

「だ液」はむし歯予防にとても大切な役割を担っています!!

 

 たっぷりとだ液をだすには・・・

  ●しっかり噛もう!

   毎日の食事に歯ごたえのある食材を活用してみましょう

   例)れんこん・切り干し大根・小魚・大豆・ゴボウなど

      

    ~しっかり「噛む」ことの効果は他にもたくさん!~

       ・あごがよく成長する

         永久歯がきれいに並ぶ・顔の形が整う

         舌が口の中で動きやすく発音が正しくなる

       ・全身の成長に必要な栄養を効率よく吸収する

       ・脳の発達を促す

 

  ●口呼吸には注意しよう!

    お口がポカンと開いたままになっていませんか? 

    口が開いたままになっていると、だ液が蒸発してし

    まい、むし歯のできやすい環境を作ってしまいます。

    口の周りや舌の筋力が弱く口が開いたままになって

    いる場合もあります。

    

    お口周りや舌の筋肉を遊びながら鍛えてみましょう

    例)ラッパのおもちゃを吹く・ストローでぶくぶく

      シャボン玉・吹き戻しなど

       「あー、うー」など声を出しながら大きく

      お口の体操もやってみよう!

 

    ※積極的に口を使って吸ったり吹いたりする

     遊びを取り入れてみましょう 

 

   ※「仕上げみがき」「むし歯予防のヒント」なども

     合わせてご覧ください。

 

~歯を大切にして、お子さんの健やかな成長を促しましょう~

このページの先頭へ