ブログ

乳幼児の脱水症・熱中症の予防ポイント

乳幼児は新陳代謝が活発で腎機能も未熟なため、おしっこでどんどん水分を排出してしまい、大人よりも脱水症や熱中症になりやすいです。
気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さに慣れていない時は特に注意が必要です。梅雨の晴れ間は要注意です。
予防のポイントは
1 炎天下での外遊び・お出かけはリスク倍増!
  暑さのピーク時(12時~3時)は室内や涼しい場所で過ごしましょう。
  外出時は、帽子をかぶせ、涼しい服装を選びましょう。
2 汗をかいたらこまめな水分補給を!
  汗をかいて失われた水分は、麦茶や白湯でこまめに補給しましょう。
  離乳食が始まる前の乳児の水分補給は母乳やミルクだけで大丈夫です。
3 直撃する照り返しにも要注意!
  アスファルトやコンクリートは日光に加熱され気温より10度以上高くなります。
  ベビーカーに乗る機会の多い乳児や、身長の低い幼児は暑い環境に居ることになります。
  移動中も児の様子を確認しましょう。
  シートの通気性や日差し対策をしましょう。
4 車中に乳幼児を放置するのは絶対にやめましょう。
  機密性の高い車の中はあっという間に温度が上昇します。外気温が26度程度でも、車中は50度近くになります。眠っている児を起こすのは忍びないかも知れませんが、車中に残すのは絶対にやめましょう。
脱水症状は
・おしっこの量や回数が少なく、色が濃い。
・泣いているのに涙が出ていない。
・唇がかさかさしている。よだれが少ない。
.
・顔がほてって赤く、触るとあつい。
・泣く声が弱々しく、元気がない。ぐったりしている。
お手当て方法は
・涼しいところに移動させ服をゆるめ、あおいだりして風通しをよくする。
・大きい血管のある首、両わき、足の付け根を冷たいタオル、ペットボトル飲料などで冷やす。
・乳児用経口補水液を少しずつこまめに飲ませる。
@自力で水分が取れない、吐いてしまう時はすぐに病院を受診しましょう。
@意識がぼーっとしている、おしっこがまったくでない、けいれんを起こした時はすぐに救急車を呼びましょう。

このページの先頭へ