保育と幼児教育
保育所・幼稚園・認定こども園・地域型保育を利用するには

小学校就学前の児童の保育や幼児教育を行う施設を教育・保育施設といいます。
教育・保育施設を利用するためには、利用のための認定を受ける必要があります。認定は児童の住所がある市町村が行います。

教育・保育施設の概要

認可保育所

認可保育所とは、保護者の労働などの理由で保育を必要とする乳幼児を、日々保護者の下から通わせて保育を行う"児童福祉施設"です。

リンク

認定こども園

認定こども園とは、幼稚園と保育所の機能や特徴を併せ持ち、教育と保育を一体的に行う施設です。保護者の就労等の有無に関わらず利用でき(※満3歳以上の児童に限ります。)、保護者の就労状況が変化した場合でも、通い慣れた園を継続して利用ができます(※各区分ごとの定員等により継続できない場合があります)。

リンク

幼稚園

幼稚園とは、小学校以降の教育の基礎を培うため、満3歳以上(市内の公立幼稚園は4歳以上)の幼児に対する教育を行う"学校"です。保護者の就労等の有無に関わらず利用できます。

リンク

教育・保育の必要性の認定

教育・保育施設の利用を希望する場合は、下記の3つの区分の認定を受ける必要があります。

認定区分 対象年齢 希望する教育・保育の形態 利用できる施設
1号認定
(教育標準時間認定)
満3歳以上 教育のみを希望 ・認定こども園
・幼稚園
2号認定
(保育認定)
「保育を必要とする事由(下記「認定を受けるための主な事由」参照)」に該当し、
保育施設を希望する場合
・認可保育所
・認定こども園
3号認定
(保育認定)
満3歳未満 ・認可保育所
・認定こども園

認定を受けるための主な事由

教育標準時間認定(1号認定)

事由 内容
幼児教育を希望する 満3歳以上で小学校就学前の児童

保育認定(2号認定・3号認定)

保育認定を受けられるのは、保護者のどちらもが次のいずれかの「保育を必要とする事由」に該当する場合です。

事由 内容
就労 1ヶ月に60時間以上労働することを常態としている場合
(フルタイムのほか、短時間・居宅内の労働(内職等)等を含みます。)
妊娠・出産 妊娠中であるか又は出産後間がない場合
疾病・障がい 保護者が疾病もしくは負傷、または障がいを有している場合
介護・看護 同居の親族(長期入院をしている親族を含む)を常時介護、看護している場合
災害復旧 火災や風水害、地震などの災害復旧に当たっている場合
求職活動 求職活動(起業の準備を含む)を継続的に行っている場合
就学 専門学校または職業訓練校等に通学することを常態としている場合
育児休業 育児休業取得前に、すでに子供が入所(園)しており、継続利用が必要な場合
その他 保育が必要と市が認める場合

教育・保育施設の利用について

認定申請・利用申込先
  • 幼稚園・認定こども園で教育のみを利用したい場合
    利用希望施設
  • 保育所・認定こども園で保育を利用したい場合
    宇佐市に住民票がある方は、宇佐市役所子育て支援課または、安心院支所市民サービス課・院内支所市民サービス課

申込みの時期、必要な書類など詳しくはお問い合わせください。

認定申請・利用申込の流れ

幼稚園・認定こども園で教育のみを利用したい場合

保育所・認定こども園で保育を利用したい場合

認定の有効期限

教育標準時間認定(1号認定)

小学校就学前まで

保育認定(2号認定・3号認定)

◎保育認定の有効期限は、保育を必要とする事由によって変わります。認定期間内でも、事由に該当しなくなった場合は認定が取り消されます。

事由 認定の有効期間(保育施設の利用可能期間)
就労
疾病・障がい
介護・看護
災害復旧
小学校就学まで、または保育が必要とされる期間
妊娠・出産 出産予定日の前8週の属する月の初日から産後8週が経過した日の属する月の月末までの期間
求職活動 認定の有効期間の開始日から、90日を経過する日の属する月の月末までの期間
就学 保護者の卒業予定日までの期間
育児休業 育児休業取得対象児童の出産から1年2か月以内の保護者が職場復帰するまでの期間(※復職後も引続き利用中の保育施設を利用する児童に限る)
その他 保育が必要と市が認める期間

※3号認定は、満3歳になる日の前日から2号認定に切り替わります。

保育の必要量の認定(2号、3号認定)

◎保育認定では、保育の必要量の認定も行います。「保育標準時間(最大11時間/1日)」または「保育短時間(最大8時間/1日)」に認定されます。

事由 保育必要量の要件(保育の必要量の少ない方の保護者で判定) 保育必要量の区分
就労 月120時間以上の就労 保育標準時間
月60時間以上かつ、月120時間未満の就労 保育短時間
妊娠・出産 要件なし 保育標準時間
疾病・障がい 月120時間以上の通院もしくは入院中、または常時保育ができない場合 保育標準時間
月60時間以上かつ、120時間未満の通院等 保育短時間
介護・看護 月120時間以上の介護・看護 保育標準時間
月60時間以上かつ、月120時間未満の介護・看護 保育短時間
災害復旧 要件なし 保育標準時間
求職活動 要件なし 保育標準時間
就学 月120時間以上の就学 保育標準時間
月60時間以上かつ、月120時間未満の就学 保育短時間
育児休業 要件なし 休業前の区分
その他 必要量を調査の上決定 保育標準時間
保育短時間

※求職活動での認定の場合、就職後の認定期間変更時に保育必要量を再認定します。
≪保育標準時間の要件を満たす場合でも、希望により保育短時間の認定を受けることができます。≫

利用時間のイメージ


※上図は利用のイメージです。施設により、開所時間や閉所日、延長保育の有無等が異なります。
※詳しくは、子育て支援課、各支所市民サービス課にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ
子育て支援課 保育支援係

879-0492
大分県宇佐市大字上田1030番地の1
別館

  • 電話番号0978-27-8144
  • FAX番号0978-32-1766
子育て情報一覧へ戻る
このページの先頭へ