健康・医療
子ども医療費

子ども医療費の助成~未就学児の医療費、小中学生の入院医療費の助成
  • 0歳~小学校就学前の方は、入院・通院医療費・処方による薬代が無料になります。
  • 小中学生の方は、入院医療費が無料になります。

※ただし、保険適用の医療費が対象です。
乳児健診(健康診断)、薬の容器代、交通事故、診断書等の文書作成料等は、保険適用外ですので助成対象外となります。また入院中の食事代についても助成対象外となります。

この制度では、医療機関で受診や入院をする際に「子ども医療費受給資格者証」が必要です。

(1)担当窓口で子ども医療費助成制度の登録申請をし、「子ども医療費受給資格者証」の交付を受けてください。

    申請時期
  • 0歳~小学校就学前の方は、出生届出後、お子さんの保険証ができたとき(転入の方は、転入手続の後)
  • 中学生の方は、入院が必要になったとき
  • 申請に必要なもの
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • お子さんの保険証

(2)医療機関の窓口で医療費を一旦、支払う場合があります。

  1. 「子ども医療費受給資格者証」を提示しなかった場合
  2. 大分県外の医療機関で受診や入院をした場合
  3. 補装具や治療用めがねを作成した場合(0歳〜小学校就学前の方が対象) 
  4. この制度による診療を行わない医療機関で受診や入院をした場合

※上記の場合は、担当窓口で「子ども医療費助成金交付申請」をしていただくと、後日、口座振込でお支払いします。申請の期限は、診療を受けた月の翌月から1年以内です。

    申請に必要なもの
  • 領収書
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • お子さんの保険証
  • 子ども医療費受給資格者証
  • 金融機関口座番号(保護者の方の名義)

※3.補装具や治療用めがねを作成した場合、医師の証明書及び保険者からの給付決定通知等が必要となります。

(3)登録内容の変更申請について

  • 保険証(保険種別、記号・番号、被保険者等)
  • 住所(宇佐市内での転居)
  • 氏名

※上記の変更がありましたら、「変更申請」をお願いします。この制度を利用するうえで大切な登録内容ですので、必ずお願いします。

    申請に必要なもの
  • お子さんの保険証
  • 子ども医療費受給資格者証

(4)「子ども医療費受給資格者証」の(紛失等による)再交付申請について

申請に必要なもの
  • お子さんの保険証

(5)市外に転出する場合について

  • 宇佐市外に転出する際は、「子ども医療費受給資格者証」をお返し下さい。(転出後は使用できません。)
  • 転出先の市町村で新しい受給資格者証の申請をお願いします。

(6)未熟児養育医療、育成医療等の公費負担制度が適用される場合は、それらの公費医療が優先されます。

※「入院」等で医療費が高額になる場合や診療期間が長期に渡る場合は、以下の点にご留意ください。
  • 被保険者の市民税が非課税である場合等は、入院時の食事療養費が安くなる場合がありますので、保険者に「標準負担額減額認定証」を申請し、病院窓口で提示してください。(その翌年度の7月診療分まで有効)…市国保加入者以外の方は、申請の際に非課税証明書等の添付が必要となります(詳細については各保険者にお問い合わせください)。
  • 国保加入者の方は「高額療養費限度額適用認定証」を市または保険者に申請し、病院に提示してください。国保加入者以外の方も、県外の病院で入院する場合は、保険者に申請し、病院に提示してください(病院窓口での負担を低く抑えられる場合があります)。

※(1)~(4)の申請では、申請書を担当窓口に用意しています。

申請窓口
  • 宇佐市役所子育て支援課
    宇佐市大字上田1030-1
    電話番号0978-27-8145
  • 安心院支所 市民サービス課
    宇佐市安心院町下毛2115
    電話番号0978-44-1111(内線135)
  • 院内支所 市民サービス課
    宇佐市院内町山城39
    電話番号0978-42-5111(内線135)
この記事に関するお問い合わせ
子育て支援課母子保健係

879-0492
大分県宇佐市大字上田1030番地の1
別館

  • 電話番号0978-27-8145
  • FAX番号0978-32-1766
子育て情報一覧へ戻る
このページの先頭へ