新着情報

更新日2018年06月06日(水)

幼い命を車内放置事故から守りましょう!

 毎年、暑い時期になると、車内に放置された子どもが熱中症で亡くなる事故が発生しています。
短時間であっても、車内は50℃以上の高温になり、子どもの命に関わる危険性があります。
 このような状況に子どもを放置することは「児童虐待」に該当するとされています。
悲しい事故を防ぐため、子どもの車内放置は絶対にやめましょう。

新着情報一覧へ戻る
このページの先頭へ