新着情報

更新日2018年05月18日(金)

麻しんに注意しましょう

沖縄県において発生した麻しんが愛知県、福岡県でも発生しています。
麻しんは感染力が強いため大流行を起こすことがあります。
麻しんにかからないよう注意してください。

麻しんとは
麻しんウイルスによって引き起こされる急性熱性発疹性疾患です。感染経路は空気感染、
飛沫感染、接触感染で感染力がとても強く、麻しんの免疫を持っていない人が感染すると
ほぼ100%発症します。感染すると10日から12日の潜伏期間を経て発症し、症状は
38度前後の発熱や咳、鼻水、結膜充血など風邪のような症状がでて、一旦熱が下がった
後、再び発熱(39~40度)し、特有の発疹が耳の後ろから始まり、首、体幹、上肢、下肢
の順に広がります。

麻しんを予防するためには
現在有効な治療法はなく、予防する唯一の手段はワクチン接種です。

麻しんの定期予防接種(第1期:1歳児 第2期:小学校就学前の1年間)をまだ受けて
いないお子さんはかかりつけ医に相談し、早めに接種しましょう。

麻しんにかかったことがなく、麻しんの予防接種を2回接種していない方は注意が必要です。
流行地域や海外に行く場合は抗体検査や接種をお勧めします。

麻しんを発症すると多数の方に感染を引き起こしてしまう可能性が高い、医療関係者、
児童福祉施設等の職員、学校の職員等で麻しんにかかったことがなく、麻しんの予防接種を
2回接種したことのない方は抗体検査や接種をお勧めします。

麻しんにかかったと思ったら
麻しんが疑われる症状がある場合、周囲の方に感染させないよう、医療機関を受診する前に
電話連絡し医療機関の指示に従って受診しましょう。また受診の際は公共交通機関は利用
しないようにしてください

問い合わせ先
子育て支援課母子保健係
電話0978-27-8145(直通)

新着情報一覧へ戻る
このページの先頭へ