ブログ

子どもの予防接種について

予防接種って何のために受けるの?
 赤ちゃんがお母さんからもらった病気に対する抵抗力(免疫)は数カ月で
失われてしまうため、予防接種を受けて赤ちゃん自身で免疫をつくり病気を予防する
必要があります。

感染症の中には、かかると重症化したり後遺症が残ったり、ときには命にかかわる

病気もあります。お子さんを感染症から守るために出生時にお渡しする

「予防接種と子どもの健康」をよく読んで予防接種を受けましょう。

 スケジュールのたて方

予防接種の種類、実施内容とともに、接種の推奨時期についても定められています。
それぞれの予防接種を受ける推奨時期はお母さんから赤ちゃんにあげていた免疫効果の

減少、感染症にかかりやすい年齢、かかった場合に重症化しやすい年齢などを考慮して

設定されています。

適した時期に接種を終えられるよう、かかりつけ医等と相談のうえ、お子さんの体調の
よい時にできるだけ早く接種を受けましょう。
早くから病気を予防できるだけでなく、スケジュールにも余裕がでてきます。
このページの先頭へ