ブログ

秋の夜長に絵本の読み聞かせをしてみませんか

「絵本はまだ早いかな」「読まなければならないのかな」...と思う方もいるかもしれません。

 まだ字を読むことや、ことばの意味をすべて理解することができない乳幼児も絵をじっと見つめたり、読んでくれる人を見つめて、その声に耳を澄ませたりと、それぞれの絵本の楽しみ方があります。

 大好きな人からやさしい声で語りかけてもらう時間はすくすくと育つための心の栄養になります。

 保護者の方が、こどもと一緒に「絵本を開く時間の楽しさ」「語り合う楽しさ」を感じられることが大切だと考えています。

 <読み聞かせのポイント>

・子どものお気に入りの絵本があれば、何度でも読んであげましょう。子どもは知っているから何度でも聞きたいのです。どこで何が出てくるか知っていて笑う準備までしています。

・お気に入りの絵本がない場合は、年齢にあったものを選んであげましょう。

・ページどおりに読まなくても、次のページをどんどんめくっていっても大丈夫!子どもの興味に付き合いましょう。話がつながらなくてもいいのです。子どもが望むページを読んであげましょう。

・子どもは繰り返しが大好きです。人気の絵本は繰り返しが多いです。面倒だからといって省略するのはやめましょう。

・読み聞かせが終わった後、「この動物はなに?」など質問攻めにしたり感想をきいたりするのはやめましょう。絵本を読んでもらったあと子どもの心は感動で満ちています。そっとしておいてあげましょう。ただし読み聞かせをしている最中に、子どもから質問された場合は、「おとなしく聞きなさい」などと叱らず、答えてあげましょう。

・寝る前など静の遊びのひとつとして読みきかせを行うとスムーズに寝かせつけに移行できます。

・ひざの上に座らせたり、一緒に寝て読んであげると子どもも落ち着きます。

・何よりも保護者自身が楽しみましょう。

☆子育て支援課では、出生のお祝いに絵本を1冊プレゼントしています。親子のスキンシップの一環として、また絵本を手に取るきっかけになれば幸いです。

ZA_01_03.JPG

 

このページの先頭へ