ブログ

乳幼児期の熱中症予防と対策について

気温や湿度が高い環境によって、体の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温調節の働きがうまくいかない状態を「熱中症といいます。体温調節機能が未熟な乳幼児期は、大人よりも熱中症にかかりやすいと言われています。より一層の熱中症予防・対策が必要です。

<熱中症予防のポイント>

乳幼児期は新陳代謝が活発なため、汗や尿として体から出ていく水分が多く脱水を起こしやすくなります。特に遊びに夢中な場合は大人が見守り、のどが渇かなくても定期的に水分補給を心がけましょう。

○日差しがない屋内では大丈夫だろうと油断しがちですが、屋外と同じ対策を意識しましょう。室温が28度を超えないようエアコンや扇風機などを上手に利用しましょう。

外出する時は日差しが強い正午から午後3時くらいまではなるべく避けましょう。服装としては、熱のこもりにくい綿素材のものや薄い色の衣服を選んだり、日光を遮る帽子をかぶりましょう。

〇乳幼児は自分の力で移動することができないので、「寝ているから」「ちょっとの時間だから」と暑い環境に放置することは危険です。特に車内にお子さんを残したままにするのは絶対にやめましょう(エアコンをつけていても危険です!)車置き去り赤ちゃんイラスト.png

暑さや体の不調をまだ、自分の言葉で十分に訴えることができないため、汗や体温、顔色や泣き方などの様子を周りの大人が気にかけましょう。

<症状>                  

・顔がほてって赤く、体を触ると熱い。

・泣き声が弱々しく、元気がない。ぐったりしている。

・おしっこやうんちの量、回数が少ない。

・母乳やミルクを飲まない。吐くことがある。

<対処法>                           

・涼しい場所に移動し、衣服をゆるめたり脱がせたりして風通しをよくし熱を逃がす。

・体を冷やす(特に首、わきの下、足のつけ根を冷やすと効果的)。

・水分を与える。(脱水が考えられる場合は腸から吸収できるベビー用のイオン飲料がおすすめ)

◎ただし、症状が改善しない場合は迷わず病院を受診しましょう。

☆自力で水分が飲めない。吐いてしまう場合はすぐに病院を受診しましょう。また、意識がない、高熱(触れただけでも熱い)、けいれんを起こしている場合は救急車を呼びましょう。



このページの先頭へ