ブログ

2017年3月アーカイブ

自信がない・失敗したくないから挑戦しないという子どもに出会うことがあります。

自分に自信を持ち、何事にも挑戦する力を育てるには「自己肯定感」が大切といわれています。

今回は、自己肯定感を高めるための接し方について考えてみましょう。

  <ポイント>

 子どもに愛されているんだという実感をもたせる

 やればできるんだという自信を持たせる

 

 <具体的な接し方>

1 どんなときも「味方」になる

 できない子と決めつけたり、否定したりせず、愛情を持って叱り、心の支えになりましょう。

 2 小さな成功体験を積ませ、ほめる

 積み木やお絵かきなど大人にとっては簡単にできることでも、子どもにとっては難しいことがたくさんあります。苦手なものが食べられた、上手に絵が書けたなどの達成感が自信になり、その積み重ねが自己肯定感につながります。そんなときは大げさなくらいに褒めてあげましょう。褒めてあげることで認められている実感が湧きます。嬉しそうにするわが子をみるのは、保護者にとっても幸せなことです。

 3 がんばりを認める

 成功しなくても頑張った過程を認め、しっかり褒めてあげましょう。頑張りを見てくれていると安心し自信につながり、次に挑戦する勇気を持つことができます。失敗したときに、保護者がため息をついたりがっかりしていると、失敗するのが怖くなってしまいます。

 4 子どもの話を真剣にきいてあげる

 子どもが話しているときは、途中で口を挟んだり、テレビやスマートフォンを見たりせず、最後まで聞いてあげましょう。真剣に聞くことで、認めてくれていると感じます。

 5 「ありがとう」を伝える

 「ありがとう」は相手の存在価値を認める魔法の言葉です。少しでも子どもがよいことをしてくれたときは「ありがとう」と感謝の言葉を伝えましょう。

  ZA_01_03.JPG子育て中は忙しく、子どもに向き合う時間が取れない人も多くいると思いますが、少しずつでも生活の中で取り入れていけるといいですね。

このページの先頭へ