ブログ

2016年6月アーカイブ

 歯磨きを嫌がる子どもに困っている方も多いのではないでしょうか?虫歯を心配するあまり、子どもに無理やり歯磨きをして、さらに子どもに嫌がられてしまう...。そんな悪循環に陥っていませんか?

 今回は嫌がる子どもにスムーズに仕上げ磨きをする方法をご紹介します。

 

スムーズに仕上げ磨きができるポイント

1.口を触ることに慣れさせましょう

 いきなり口の中に歯ブラシを入れられるとびっくりしてしまいます。歯が生えないうちから機嫌のいい時に頬をさすったり、歯ぐきをマッサージしたり、歯を数えたり、まずは遊びを通して口に触れることに慣れさせましょう。

2.軽い力で磨きましょう

 仕上げ磨きの際は力が入りすぎないよう、歯ブラシは鉛筆を持つように握りましょう。歯ブラシの毛先が広がらない程度の軽い力で小刻みに動かすのがポイントです。上唇小帯(上唇をめくると中央にある筋のような部分)に歯ブラシがあたらないよう指をあてて磨きましょう。

3.楽しいと感じる雰囲気づくりを心がけましょう

 笑顔でリラックスして歌を歌いながら磨いたり、手鏡で口の中を見せてあげるのも効果的です。

4.歯磨きしている姿を見せたり、一緒に磨いたりしましょう

 家族が楽しそうに歯磨きしている姿を見せ、「気持ちいいよ」と声掛けしましょう。歯磨きの楽しい動画(ビデオ、DVD)や絵本を見せたり、柄の部分にストッパーがついた子ども用の歯ブラシを持たせ一緒に磨くのもおすすめです。ぬいぐるみで歯磨きごっごなど遊びを取り入れるのもよいでしょう。

5.子どもの呼吸を意識して磨きましょう

 一度に磨く時間が長いと苦しくて嫌がります。時々歯ブラシを外したり、「つば飲んでいいよ」と声掛けするとよいでしょう。

6.磨いた後はいっぱい褒めましょう

「きれいになったね」「すごいね」とたくさん褒めてあげましょう。

 

「10か月児すくすく教室」にてブラッシング指導、「1歳6か月児健診」にて歯科健診とブラッシング指導、「3歳6か月児健診」にて歯科健診とブラッシング指導、フッ化物塗布体験を行っています。ぜひお気軽にご相談ください。

仕上げ磨き.jpg

このページの先頭へ